ラック工法

ラック工法

太陽電池モジュールと屋根の間にラック材を入れて取り付ける工法。
モジュールをより多く設置したい場合におすすめでです。
各種屋根に対応しております。

 

施工概要図

ラック工法施工概要図
NFタイプ押さえ金具端部 NFタイプ押さえ金具中間 

※図中の太陽モジュールはNFタイプです。モジュール取付部の断面形状によって押さえ金具の形状が異なります。
※皿鍋付きナットは3点セット(平座金・ばね座金・六角ナット)の場合があります。

ソーラー金具

 

※嵌合式用ソーラー金具のイラストはBL500用です。

技術情報(ソーラー金具のみ)

既にラックをお持ちの場合、金具のみご注文できます。

屋根タイプ重量(kg)

※要パスワード

※要パスワード
ハゼ式 角ハゼ(ハゼ式A)
-
0.5507H080-10
-
ハゼ式 丸ハゼ(ハゼ式B)
-
0.5507H081-10
-
ハゼ式 ハゼV(ハゼ式D)
-
0.4012H0023-2
-
日輪折板馳2型/ハゼ嵌合式A
-
0.4511H0240-8
-
三晃式瓦棒葺(巾33・35mm)
-
0.2511L0203-5
-
嵌合式瓦棒40
-
0.25
-
-
立平葺
-
0.5219P0001-0
-
BL500
-
0.4511H0243-8
-
BL600
-
0.4011H0246-7
-
スーパールーフ66
-
0.4011H0249-8
-
嵌合式G6
-
0.4513G0020-3
-
嵌合式G7
-
0.4013G0018-3
-

※製品改良等により、仕様は予告なく変更する場合があります。

ページ上部へ戻る